心の不安が原因の一つ

女性 買い物を繰り返してしまう原因を特定する事が浪費癖病気の完治に繋がるので、医師のアドバイスを受ける事は重要です。心を落ち着かせる事でも買い物をしたい衝動を抑える事ができますから、セルフマッサージなどの方法も学んでください。

詳しく見る

浪費癖には注意が必要

カウンセリング あまりに多くのお金を使い過ぎる、生活にも支障が出るという場合は浪費癖病気である可能性がありますので、治療も検討していきたいところです。ストレスを浪費で発散している人はそのストレスを別の形で取り除くことも考えてみましょう。

詳しく見る

病気かもしれない疾患

医者 浪費癖病気の可能性がある場合には、専門医に相談をしたほうが良いです。そうすることによって専門的な治療を受けることができるようになりますし、お金に対する不安も解消をさせることができます。原因の追究も必要です。

詳しく見る

購買意欲が強くなる

女性 ネット通販などでも買い物が気軽にできる世の中において、浪費癖病気というのは依存症としての治療をしていくことになります。そのために通院からリハビリテーションまで幅広くプログラムがあるのでひとつひとつをこなしていくことです。

詳しく見る

精神疾患の可能性がある

紙袋 統合失調症や双極性障害などの精神疾患が原因で、浪費癖病気の症状がみられることがあります。買い物依存だけでなく、ギャンブルやお酒、異性との交際に浪費してしまうこともあります。早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

詳しく見る

病院を利用して悪習を改善

カウンセリング

制度の利用で自己負担も少ない

ネットを見れば悪習を改善させる方法は色々紹介されています。ただ、長年してきた習慣を自分の意識だけで改善させるのはとても難しいことです。ギャンブルや買い物などの浪費癖病気を改善させる方法として病院を利用する方法があります。しかし、自分の趣味にお金を使うのはいいけど、病気の治療のために高い費用を支払うのは抵抗がある人もいるでしょう。ただ、この病気は、保険が適用されたり、自立支援医療制度を利用したりすることで医療費を減免することも可能です。保険や制度の利用によって、自己負担はそれほどないので費用負担を気にすることなくしっかりと治療することが可能です。初診では、検査なしの場合で2500円程度、検査を受けたとしても5000円前後で診察が受けられ、再診では1500円程度の費用で済むところもあります。自立支援医療公費負担制度に申請すれば、30%の負担が10%まで軽減できます。初診では、カルテを作成するための面談、待ち時間なども含めて3時間程度で終わります。自力で浪費癖病気を治すのは難しいと感じている人は、自分のためにも家族のためにも早めに病院で診察を受けてみてはいかがでしょうか。

病院の選び方としては、専門外来を設けている病院を選ぶことをおすすめします。浪費癖病気は、買い物に限ったことではなく、ギャンブルや嗜好品などの依存によってお金を浪費しているケースも多いです。専門外来では、様々な依存症に対応しています。近くの精神科に通っても症例数が少ないために良い治療が受けられないケースも考えられます。専門外来を設けている病院では、浪費癖病気を抱えた人も多く診察しているので、様々な人に対応することが可能です。また、どんな治療をしているのかも確認してみましょう。カウンセリングや薬物治療だけでなく、同じ悩みを持った人同士で行うグループ療法などをしている病院もあります。このようなプログラムに参加したことで、自分の考え方や行動を客観的に見直すことができて症状が改善された人もいます。同じ悩みを持った人がいることで、一緒に同じ悩みを共有し、一緒に改善していく喜びを感じ会うことが可能になります。病院によって治療方法が異なることから、治療方法や治療方針をよく確認して自分に合った病院を選ぶことが大切です。